AGA治療ガイド

HOME>AGAの治療方法

AGAの分類と段階別治療方法



ハミルトン・ノーウッド分類

AGA治療ではアメリカのハミルトン医師とノーウッド医師が分類化したハミルトン・ノーウッド分類というものが利用されています。

タイプを7つの型に分け進行状況を判断し治療方法の指標としています。




分類と段階別の治療法

段階 タイプ別毛髪状況 治療法
第一段階 AGAT型 U型 U型Vertex 育毛シャンプー・育毛剤
>>>詳しく
第二段階 agaV型 VVertex型 W型 治療薬服用/通院
>>>詳しく
第三段階 agaX型 Y型 Z型 カツラ/植毛

※Vertex型・・・薄毛のタイプは生え際から後退するM字と頭頂部分が薄毛になるO字の2つがあり、頭頂のつむじ部分の薄毛が同時進行でみられる状態。



第一段階

T型は生え際に薄毛があるもののそほど気にならない状態。
U型はT型がさらに進行した状態になります。
UVertex型は頭頂部の薄毛が同時に進行している状態。

育毛剤や育毛シャンプーで現状の維持と育毛促進を行います。

>>> AGAT型〜UVertex型の治療法はコチラ




第二段階

V型はU型がさらに進行し全体的なボリュームの少ない状態。
VVertex型は頭頂部の薄毛が同時に進行している状態。
W型はVVertex型がさらに進行した状態になります。

第一段階のケアに加えAGA治療薬を服用。
さらに効果を期待したい場合は育毛メソセラピーHARG療法を行います。

>>> AGAV型〜W型の治療法はコチラ




第三段階

X型はW型がさらに進行した状態。
Y型は前頭部と頭頂部がつながり側頭部だけになった状態。
Z型はY型の毛髪部分のボリュームも少なくなった状態。

第三段階まで進行すると毛母細胞の再生は難しくなります。
通常のAGA治療、HARG療法でも効果が見込めない場合は植毛・かつらになります。



上記のようにAGA治療が効果的なのは第二段階までとなります。
早めの治療がより効果的となります。





自分の症状は何型?という方

遺伝子検査キットを郵送して将来の予測を知る方法があります。

AGAドッグ検査キット
女性版AGA遺伝子検査キット

AGA検査キットでは現在の症状は分かりません。
遺伝的に今後どのような進行状況が予測されるかという点と治療薬の成分フィナステリドが効くかを知る事が目的となります。

数千円〜数万円掛けてせっかく購入した治療薬でも「効かない体質」だとすれば無駄になってしまいます。
その点検査しておくことで安心して治療に進めます。



症状を把握しておきたいという方は専門医の受診をおすすめします。

クリニックでは費用負担はありますが検査の上で処方となりますので検査キットを使う必要はなくなります。
初回無料カウンセリングを受け付けているAGAクリニックもありますので
治療「する」「しない」は別としてまずは受診してもらうと確実で安心です。