AGA治療ガイド
HOME > おすすめ育毛剤 > 育毛剤・育毛料の成分と効果について

育毛剤・養毛料の成分と効果

発毛剤?育毛剤?養毛料?


”髪の悩みの解決に”といわれる商品は世の中にたくさん出回っています。
それぞれの商品にメリット・デメリットがありますが、商品個々の説明を見ていると、「いったい何を基準にどの商品を選べばいいの?」と疑問に思うような事があったりしませんか?

当ページでは、商品の分類と、それぞれに含まれる成分と効果について、商品を選ぶ際に正しい選択の助けとなる予備知識を掲載しています。

育毛剤に関してあまり詳しくないという人には、商品選びの目安になると思います。ぜひ活用してみてください。


薄毛対策商品の分類と成分と効果


薬機法上の分類 成分と効果(記載可・不可情報)
第一類医薬品
発毛剤

成分
ミノキシジル、フィナステリド、アデノシン、デュタステリド
効果
発毛の効果が認められているが副作用がある


医薬品の成分では、女性には向かない成分や、内服or外用で効果と副作用が異なる為、AGA治療のガイドラインが存在します。

医薬部外品
育毛剤

成分
リデンシルほか
効果
配合された成分による育毛に効果が期待できる

化粧品
養毛料

成分
ミノキシジル誘導体(ピディオキシジル)、キャピキシルほか
効果
記載不可

薬機法で「効果・効能」の記載は禁止されています。




分類別の人体に対する影響



人体に作用する効果
「医薬品」>「医薬部外品」>「化粧品」

人体に対する安全性
「化粧品」>「医薬部外品」>「医薬品」



薬機法上の分類で、それぞれの人体に対する影響は上記となります。

医薬品は効果が高い分、副作用があります。
化粧品は、その逆となります。


見逃してはいけないポイント


見逃してはいけないポイントもあります。
当初「化粧品」として扱われていたものが、配合成分をかえて国の承認を得れば、医薬部外品になったりする事があります。

現商品のパッケージに表記している分類をみれば、その商品が効力を持つのかどうか、安全なのかの目安となります。






育毛剤・養毛料に対する懐疑的な意見





育毛成分に関するネガティブ情報について



育毛や発毛に関して知識のある方は「ピディオキシジル」「リデンシル」ほか育毛成分に関してネガティブな情報を見かけたことがある方もいらっしゃると思います。

具体的には
「毛が生える成分は”フィナステリド”と”ミノキシジル”と”デュタステリド”だけ、ほかはマガイもの」
といった具合です。

主張としては半分正解で、半分は間違いです。
実際のことろ「毛が生える」=「発毛成分」として認められている成分は上記のとおりです。


残りの半分は、発毛ではなく、育毛・養毛になり、それぞれにメリットが存在する成分として確立されているもので、マガイものというわけではありません。

もっと突っ込むと
”AGAからの発毛には医薬品の力が必要で、それには副作用が伴う”
”発毛剤に頼らずとも、育毛剤、養毛料で、回復する人も多い”
フサフサにするという”目的は同じでも、状況(症状)によって手段は異なる”というのが、正しい主張ではないかと考えています。


先に述べたネガティブな情報の発信元は「発毛成分」と「育毛成分」ほかをごちゃまぜにした上で、他者を否定する事で自らの価値を強調し、最後には「輸入医薬品の購入」を薦めていました。


極論とも取れる主張によって異なる選択肢が潰されるのは間違いではないかと考えています。



口コミ評判、評価を参考にする際は以下に留意しておきましょう。


口コミ・評判は基準が明確であること
年齢、性別、症状、バックボーンまで含めて出来るだけ多くの情報が確認できて、はじめて投稿内容から価値を見出せます。

評価・ランキングは定義が明確であること
順位付け、差別化は、項目ごとの定義を元に比較できなければ無意味となります。定義が主観や感覚ならそれを明記。



大切な事は、
”悩みの解決へ向けて出来うる限り正しい情報に基づいて手段の選択をする事”
そして
”望む結果を掴みとる事”です。



そこで、次は「選択ミスを防ぐにはどうすればよいか」です。
以下に続きます。


ミスマッチを防ぐ


フサフサを取り戻す為の手段として、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の選択肢があります。
選択ミスを防ぐには、まず自分の症状を把握する事が大切になります。



1.自分のAGA段階を把握する

ハミルトンノーウッド分類でご自身のAGA進行状況を把握しておきましょう。



2.ノーウッド分類第一段階なら

AGAⅠ型 Ⅱ型 Ⅱ型Vertex

1~2型のセルフケアをおすすめします。
↑該当ページではシャンプーなども薦めていますが、おサイフと相談しながら検討。
この段階で医薬品・医薬部外品の育毛剤も検討視野に入れてみましょう。

その際、医薬品に頼るのでしたら、国内のクリニック利用がおすすめです。
最近では「オンライン診療」「薬代のみの負担金」など、メリットがかなり増してきています。

スマホオンライン診療が可能なAGAクリニック



3.ノーウッド分類第二段階なら

agaⅢ型 ⅢVertex型 Ⅳ型

3~4型の治療&ケアをおすすめします。

この段階では、セルフケアでも医薬品の発毛剤で、クリニック利用も視野に入れましょう。
一旦回復となった方は、自然治癒(発毛力)を取り戻す為に、医薬品から育毛剤や養毛料へ戻すことも考えられます。


ご自身の段階を把握しておけば、個々の情報と接した時に惑わされる事もなく、どの手段を選択すればよいかが見えてくると思います。

期待値をどこに設定するかでも手段が変わると思いますが、何を選択したとしてもあなたにとって良い結果となるよう願っております。








Author [ マープロ企画 ]



検 索


PC版で検索

育毛剤(医薬部外品)

育毛料(化粧品)

薬用育毛シャンプー

育毛剤の成分に効果はある?なし?についての当サイトの考え方

AGAコンテンツ

AGAに関するご案内


AGA治療院ガイド

AGAは粘り強く!
一歩一歩着実に増やしましょう!

AGAで使われる用語集


ガイダンス

AGA治療ガイドへようこそ
薄毛の悩みに「いまできる事」を発信しています。自宅でのセルフケアから治療院までご案内

ページのトップへ戻る