AGA治療ガイド
HOME > AGA治療用語 > 男性型脱毛症診療ガイドラインについて

男性型脱毛症診療ガイドライン


男性型脱毛症診療ガイドラインとは



男性型脱毛症診療ガイドラインとは


2010年4月に日本皮膚科学会が発表したガイドラインの事です。
ガイドラインではAGA治療における推奨度をA,B,C1,C2,Dの5段階に分けて公表しています。


推奨度 推奨度の分類
A 行うよう強く勧められる
B 行うよう勧められる
C1 行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない
C2 根拠がないので勧められない
D 行わないよう勧められる



推奨度に基づくClinical Questionston

Clinical Question 推奨度
男性型脱毛症にミノキシジルは有用か? A
女性の男性型脱毛症にミノキシジルは有用か? A
塩化カルプロニウムの外用は有用か? C1
医薬部外品・化粧品育毛剤の外用は有用か? C1
セファランチンは有用か? C2
男性のフィナステリド内服は有用か? A
女性のフィナステリド内服は有用か? D
男性型脱毛症に自毛植毛術は有用か? B
男性型脱毛症に人工毛植毛術は有用か? D


行わないように勧められるD判定は
女性のフィナステリド内服と人工毛植毛術となっています。

一方、強く勧められるA判定は
男性のフィナステリド内服と男女のミノキシジルとなっており現在の毛髪再生医療において広く使われるようになっています。



引用元 男性型脱毛症診療ガイドライン2010年版(PDF)
ほか38ページに渡り各成分の文献と研究結果報告がされています。


Author [ マープロ企画 ]



検 索


PC版で検索

AGAで使われる用語集

AGAコンテンツ

AGAに関するご案内


AGA治療院ガイド

AGAは粘り強く!
一歩一歩着実に増やしましょう!

ガイダンス

AGA治療ガイドへようこそ
薄毛の悩みに「いまできる事」を発信しています。自宅でのセルフケアから治療院までご案内

ページのトップへ戻る